●event
■第180回 日本口琴協会定例会
2018年10月26日(金)20:00〜 東京 高円寺「円盤」


■第180回のテーマ


「アミン&慶九 ペルシャ音楽 倍音演奏会」

■アミン Amin (Singing)  アミール・キャビール工科大学、バイオエレクトリックス科にて学士号を取得、東京大学にてバイオエンジニアリングを専攻し、修士号を取得。現在、同専攻の博士課程にて就学中。大学入学後、ペルシア古典音楽に興味を持ち、ヴォイストレーニングとペルシア古典歌唱技法を、独自に学び始める。日本へ移住してからも、ペルシア古典歌唱を独自に習得しながら、学業の合間に音楽活動を行っている。

■慶九 Keiku (Setar, Tanbour)  北インド古典声楽習得中、イラン音楽とペルシア詩への興味が増し2007年イランへ語学留学。8年半のイラン滞在の間、常にイラン人家族や学生たちと共に生活しながら、音楽と詩を通してイランの文化に触れる。2008年〜2014年、イラン教育庁奨学金給付生としてテヘラン国立芸術大学・イラン音楽演奏科にて学ぶ。2015年9月帰国。セタールとタンブールの演奏を主にラアナーイー・ファミリーに師事し、彼らの演奏グループメンバーとして、イラン、日本、ヨーロッパにて共に演奏活動を行っている。
●日時:2018年10月26日(金) 20:00〜 
●場所:円盤(JR高円寺駅下車 徒歩1〜2分)
    URL http://enban.web.fc2.com/
    Tel 03-4291-3555
●参加費:1,500円(1ドリンク付き)
●内容問い合わせ・提案:日本口琴協会 biyooon@koukin.jp
※「定例会」開催中店内禁煙★

目標:「5年以内ぐらいに、国際口琴大会を日本に誘致しよう。」

びやぼん屋出張販売もあります。口琴を実際に見て、音を聞いて選ぶチャンスです。ホームページにUPしていない商品がでることも。

●日本口琴協会定例会 今後のラインアップ
■2018年4月以降、定例会は第4金曜日開催になりました。
■第181回定例会 11月23日(金) 「 」
■第182回定例会 12月20日(木) 「 」日程注意!

●concert
■アリビナ ヂェグチャリョーヴァ 口琴コンサート
 ホムス―銀の音の流れ
Альбина Дегтярева
ХОМУС― КΘМYС ДОР5ООН ДЬYРYСКЭНЭ


●日時:2018年10月29日(月) 18:30開場、19:00開演
●会場:東京・高田馬場「BABAGOYA」
 (シミズオクト クリエイティブスタジオ B1F)
新宿区下落合1-4-1 B1F (高田馬場駅より徒歩4-5分)
●Opening Act: 対談「口琴有識者会議」 巻上 公一×直川礼緒

●アリビナ ヂェグチャリョーヴァ 
サハ共和国クィルグィダイ村生まれ。ヤクーツク国立大学(現・北東連邦大学)歴史・言語学部でサハ語・サハ文学を専攻中に、イヴァン・アレクセイエフの口琴アンサンブル「アルグィス(祝福)」のメンバーとなる。1991年にサハで開催された第2回国際口琴大会参加をきっかけに、世界各地での演奏活動を開始。
2002年アヤルハーン結成。2011年の第7回国際口琴大会で9名の「世界口琴名人」の一人に選ばれる。電子音響とも錯覚するような複雑で豊かな倍音を生み、様々な動物の鳴き声、風や波の音などを生き生きと再現し、音/音楽/歌/言葉が同時に響くパフォーマンスを通して「自然」を現出。CD「夏が来る」(2000、日本口琴協会)ほか

予約:3,000円、当日3,500円

主催・予約:日本口琴協会
koukin@center.email.ne.jp
080-3208-7007 (直川)

共催:巻上公一オフィス

●lecture
■東京音楽大学付属 民族音楽研究所 主催
民族楽器入門講座
珍しい民族楽器を触ろう!弾こう!全6回充実の20講座

■モンゴルなどの驚異の一人二重唱 のどうた(ホーメイ)
2018年11月5日、26日、12月3日、10日、17日(以上月)、21日(金)
(全6回)
19:45〜20:45
●講師:直川 礼緒(日本口琴協会代表)
●受講料 12,960円

モンゴル国の「ホーミー」、トゥヴァ共和国の「ホーメイ」、アルタイ共和国の「カイ」などアジア中央部の独特な歌唱法「喉歌(のどうた)」は、一定の音程 の声から口腔を共鳴器として使うことにより、特定の倍音を強調し、あたかも一人で二つの音程を出しているかのように聞こえます。その不思議な演唱法は実は 誰にでも簡単にできるものです。その実技を学びます。

■世界楽器・口琴の魅力を探る 口琴
2018年11月5日、26日、12月3日、10日、17日(以上月)、21日(金)
(全6回))
21:00〜22:00
●講師:直川 礼緒(日本口琴協会代表・世界口琴名人2011)
●受講料 12,960円 +楽器代2,500円

「ビヨーン」という独特な音色が特徴的な、ユーラシア大陸を中心に世界に分布する「口琴」。口を共鳴器として利用し、音色や音程を変化させます。口琴音楽文化の背景を学び、実技も体験。最終回は特別講師による演奏予定。

【第1回】 口琴の分布と種類
【第2回】 音色の音楽
【第3回】 口琴言葉
【第4回】 旋律の音楽
【第5回】 リズムの音楽

他にも、下記の講座があります。

■アフリカの魂を呼び起こせ! 親指ピアノを作って弾こう
(月・金)●講師:直川 礼緒

■馬の彫刻が特徴のモンゴルの弦楽器 馬頭琴入門・中級
(月)●講師:美炎(miho)馬頭琴演奏者

■樺太アイヌ伝統の弦楽器 トンコリ入門・中級
(金)●講師:千葉 伸彦 民族音楽研究者

■キルギス共和国(クルグズ)の三絃楽器 コムズ入門・中級
(金)●講師:ウメトバエワ・カリマン

月琴入門、二胡初級、琴学入門、ジェンベ、ダラブカ、タブラ etc.

●お問合せ&講座会場:東京音楽大学付属民族音楽研究所
豊島区雑司が谷3-11-1
phone: 03-3981-8783 fax: 03-5950-1831
e-mail: minken1975@a.toshima.ne.jp

●申込締切:10月16日(火)17時
http://www.minken1975.com
ψ